backNumberlock

大人になってからアダルトチルドレンを知って、わかったことや気付いたことと、これからのこと。

自分の言いたいことだけ言うなら、それはお互い様の条件にしてほしい

私は今、不思議な気持ちでいる。

今、ひとつの感情に覆われていない。

 

今までは、ひとつの感情に覆われてる事が常だった。

「それ」は一日の始まり、起きた時にほぼ決まっていて、「気分がいい」「気分が良くも悪くもない」「気分が悪い」「ダメ・無」の4つのどれかだった。

そして私が望んでいて、調子が良いと思える始まりは、「気分が良くも悪くもない」の状態だった。大体気分が良くも悪くもない状態で一日を終え眠ることができる、その一日が幸せだった。

その繰り返しで歳を重ねて終わる日が迎えられたら…どんなに幸せだろうと思っている。

そんなことを考えて、ここでわざわざしたためてるということは、今はその状態ではないということです。

望むことは変わらないけど、状態が「ひとつの感情に覆われていない」でいます。

ここ数か月、私は忙しくしていました。

私が忙しく感じているだけです。私がしていることなど何かの片手間にひょいひょいとできる人がいることは知っています。

それを勝手に想像して勝手に落ち込んでいたのは随分前で、今は、用事や目標を達成した時には、自分のことを褒めて褒めて何なら声に出して、すごい、よくやった、と自分を認知するようになっています。これはとても効果がありました。

私は誰かに評価されるのではなく、比べられるのではなく、自分が自分を認めていくということが精神的にも体調的にも必要だったみたいです。逆を言えば、それは過去の自分にはとても難しかったため、時間がかかったのだと思います。

 

そして今日、今、私は感情の変化を経験しています。

朝起きてから、やらなければばらないことがあり、問い合わせたり(問い合わせ先が複数あり、大変だった)人と会ったり、説明したり、それが終わると行かなければならない事があったりと、盛りだくさんでした。

最後に行く場所の用事を終えて出る頃、私は悲しさと悔しさと怒りで身体がどうにかなりそうになりました。具体的に言うと、筋肉が過度に強張ったり、頭痛がしたり吐き気がしたりです。家に着くころにはお腹も痛くなりました。しかし飛び上がった心拍数は平常になっていました。

朝起きた時、私の状態は「無」でした。

帰宅してからの私は、負の感情の全てが悔しいに結合されていました。

そして時間が経つにつれて、フラットになり、悔しいは大人しくなり、反撃を考えるような時の感情に近いものになっていました。

反撃と言うのは暴力をふるったり誰かを傷つけたりするようなことではありません。

私が言われて(されて)嫌だったことを、”言った人”が言った、と言うことに対して、

その”言った人”が悔しがるような”私になろう”と思った、ということです。

そう考え始めた時、気持ちがふと軽くなって、心地よい状態になったのです。

私は決して”その人”の為に生きてるわけではありません。

私は私の為に生きているので(いくので)、自分にとって良いと思う事しかしません。

だから、簡単に言うと、頭を抑え込むような正論をぶつけてきた相手に、私の事を理解してもらう必要はないし、私の生活に責任を持てない相手のいう事は、ただのひとつの提案に過ぎず、私が受け入れる必要がない。

言われたことがあまりにも悔しいから、私は感情が漏れ出し、怯えたり震えてしまった。泣きそうになったり吐きそうになったり怒鳴りそうになったけど、どれもしなかった。私は、この人みたいになりたくない、そう思った。

事が起きている真っ最中に気づくのは初めての経験だったので(後で考えたら気づくのは結構ある)私は言われたことに答えを出すわけでもなくその場を離れたのだけど、その人との関係を終わりにするには、私が変わるしかないのだと強く思った。

そしてその変わる、というのは、今後の自分に良さそうなので、そうしていこうと思いながら、力になってくれそうな人の事を考えていました。

ひとりふたり浮かんで消えました。きっと、力にはなってくれるけど。

まずは一人でやってみようと思います。

それで駄目だったら、相談してみよう。

それでも駄目だったら、その時に、今度は違う場所に立って考えてみようと思う。

パニック起こして号泣しなかった今日の自分を振り返って、実感した。

私は自分が思うよりも、冷静さを取り戻してるのかもしれない。

これは嬉しいことだ。

明日の自分に過度な期待を持たないと言い聞かてから、寝ます。

 

your side / a lot of the myself

耳触りはいいが、これは皮肉だ。今の私にはちょうど良い程度だ。

「私は自分を信じている」

私が自分に向ける皮肉で、私は自分を信じていない。半分嘘で、半分本当だ。

それは子供にも言っていて、私の言う事は、たとえ説教の間であっても、全部信じない方がいいと伝えている。

私が言っていることに疑問を感じたなら、その疑問を解決する方に時間を使った方がいいし、怒りを感じたなら無視をした方がいい。矛盾を感じたなら、矛盾の正体を明確にして、覚えておいた方がいい。

私は自分を無力ではないと奮い立たせている。少なくとも子供の前では無力ではあれない。偉そうにしてるくらいが丁度よいと思っている。私が自信がある風にしていないと、子供が不安を感じると思っているから。

不安を感じた時、言葉にしてほしいと伝えている。

だから毎日、バカみたいに同じことを聞く。「楽しかった?」「辛かった?」「ヤバかった?」「うけた?」

「普通だった」と答えられた時には、「普通ってなんだよ」「どの普通だよ」「グラデーション知らないのかよ」と10回くらいはしつこく独り言のように言っている。

すると「うるさいね!」と子供が笑うのでやめられないのだ。

この時間を過ごせるのももうあと僅かで、そう実感するたびに、感謝の気持ちが湧く。

私をここまで連れてきてくれてありがとう、と思う。

 

これってどういう意味?と聞かれることも面白かった。勉強でわからない時に聞いてくれることも嬉しかった。古文で覚えられないところがあると言うので、背景を知れば定着するかもしれないと思い、半日かけて調べた情報を、B4紙にまとめてトイレの壁に貼った。私は物凄い達成感を味わった。学生の頃の自分にこの情熱があれば古文も楽しかったんだろうなと遠い目にもなった。

二日後、トイレに貼りつけた私の傑作古文図解は剥がされて、目の前でゴミ箱に捨てられた。「なぜ!?」と聞いた私に子供は言った。「もう覚えたから。ありがとう」

私は泣いた。泣いたというか号泣した。私の傑作作品がゴミ箱で春の心地こそすれだった。泣き叫ぶ私を見て息が詰まるくらい爆笑してる子供を見て嬉しかった。

そんな毎日が楽しかった。

 

私が自分を信じるのは、私の事を信じてくれている存在があるからで、自分一人では無理だったと痛感している。

その役目も終えて、私が一人になっても何も心配はなくて、私はこれからも自分を半分信じて半分嘘だと思って生きて行くだけだと思う。

夜になるとやりたいことが際限なく溢れてきて、眠れなくなってしまう日が結構ある。

でも一日でやるべく事の優先順位も時間も決まっているので、今まではやらなかった。

それをこれからトライしていこうと思う。

誰に何を言われるでもなく、他者の評価のない場所と環境で、ひっそりと針に糸を通す、縫う、アイロンをかける。自己満足。自己満足の時間を過ごせたらいいなと思っている。

楽しみだなあ。

 

 

 

B2鉛筆で書く青

一年一年が早く感じるようになってから大分経つ。

人生の折り返し地点に来たと感じてから「私はもう大人になっていた」と気が付いた。

日本語の複雑さに嫌気がさしていたのは中学生の頃だった。

句読点なんて大嫌いだった。だけど必要だった。

高校生の頃は、日本語の文章ではなく言葉の解体に勤しんだ。

勝手に解釈を加えて、発見した気になって気分が良かった。

「ずっと昔に既に誰かが言っていたこと」を「自分が発見したんだ」と思い込んで綴った。それは今思い出せる限り、とても文章とは言えない、違うパズルのピースの寄せ集めのようなものだった。だけど大切だった。

そのピースの寄せ集めの完成が、何かの形を成していなかったとしても、大切だった。

私のそばにいつもいた。言葉の重要性はいつもついて来た。

人間を思うように、私は言葉を思っていたのかもしれない。

仕舞ってある大切な言葉も、文章も、しつこいくらい表に出す言葉も文章も、いつも頭の中にある。

それは大人になった今でも変わらない。

だから感情を優先するあまり、言葉の選択をないがしろにする人が嫌いだ。

言葉の先には人がある。言葉の前には気持ちがある。言葉を選ぶ時には自分がいる。

 

日本語は複雑で、結局何が言いたいのかわからないように完成させることだって出来てしまう。そんな複雑さをいとしいと思うようになったのはブログを始めてからだ。

私の中にある複雑を、言葉を繋げて文章にして文字を打ちこんだのかと思うくらい、何を言ったのかわからないように完成された文章をいくつも読んだ。

でもそれはあくまでも「似ている」だけであって、私の中の複雑とは違う。

違うものだと自分に言い聞かせて、他人の作る文章を楽しんだ。

 

今年も読みます。そんな一年にします。

よろしくお願いします。                  2018/1/18 ちえ

 

追記 今年はおみくじひきませんでした。

 

頭の中の色付きレイヤー

4色の付箋だ。

大きめのサイズの付箋に書いたものから適当に貼りつける。

新しいノートに貼りつけていく。

一度貼りつけた付箋を並べ替えていく。

手順を確認する、タイムリミットのあるものに日付を書き足しながら、また並べ替える。

決定したスケジュールを隣のページのノートに清書する。

出来る限り箇条書きに直す。余白を探す。

トラブルシューティングをする。あまり上手にできない。だから余白を確保しておく。

修正が必要になった時は、丸一日あれば大丈夫だと言い聞かせる。

きっと大丈夫だと言い聞かせる。

 

だってできる事しかしていない。

出来ない事はしていない。ただ私は最近頑張っている。

頑張ってしまうと、不安になる。細部まで気になりだす。それをやめることにした。

誰もそれを要求していない。

足りないものがあればその時に補えばいいだけだ。どうしてこんなに簡単なことを受け入れられなかったんだろう。

悪い癖だと思った。

 

wish

私はもう随分大人で、振り返ればそれなりの思い出もある。

日々の生活の中で、過去の出来事を思い出したりする。ふと目にした景色や物に、もう会わない人を思い出したりする。

その記憶の中のその人たちは、その時のままの風貌をしているので、それが過去の事だとしっかりわかる。

その人たちも私と同じように歳を重ねている。大人になっているだろう。

 

20歳の時、散り散りになった中学校時代のクラスメイトに連絡を取り、小さなクラス会を開いた。40人クラスだったけど、30人に連絡がついて、20人が参加してくれた。

私は20歳になってもよく遊んでいた同級生2人と協力して、幹事のようなことをした。

後でわかったことだけど、私はどうやら中学校クラスの幹事として登録して卒業していたらしい。そんなことを責任感を持って覚えているほど賢くなかった。

結果的に見れば自費で連絡を取り20人集められたのは良い仕事をしたと思う。

当日は、15歳で別れたクラスメイトが20歳になって現れて、みんなで盛大に笑ったのを覚えている。

東京から駆けつけてくれた男子が3人いて、彼らは中学生の時に成績優秀でコミュ強でユーモアに溢れた人物たちだった。

うち一人の趣味がスキューバダイビングだと聞いて、「太郎(仮)が!」「スキューバ!」と大爆笑だった。

ほかの人たちは私を含め、なんやかんやで地元にいるので、会おうと思えばいつでも会える距離ではあるんだけど、こういう機会でもないと集まれないのが大人なんだろうと思った。スケジュール調整が難しい。

私は知人のお店を貸切にしてもらった為、手伝いの方に回ってしまって、なかなかみんなとは話せなかった。

それでも、みんなが元気でいた(元気じゃなかったかもしれない人も元気に笑うことができた)空間を過ごせたことが嬉しかった。

 

集まった人の中に、私がずっと好きだったAの友人がいて、(なんなら私が別の人と結婚する直前まで好きだった)「ちえが結婚したって聞いて、Aは絶対ありえないって言ってたよ」と言われた。「へえーなんで」と聞いたら、「ちえは一生俺の事を好きでいると思ってたから信じられない」と言っていたそうだ。

その友人に、「Aは相変わらず頭は悪いの?」と聞いたら「あいつは変わらないよ、ずっと頭悪いよ、今も頭悪いよ」と言った。

それってすごいことだなーと感心してしまった。

 

今日はそんなことを思い出すきっかけがありました。

そのクラス会からも早20年弱、Aが今日も変わらず頭悪いことを願ってしまう。

そして、幸せでいてほしいと思う。

 

ターゲット

いろんなひとがいる

 

そういう当たり前のことを、改めて感じざる得ない時がある。

自分の常識は自分の常識であって、誰にでも適用されるものではない。わかってるつもりでも、やっぱり違うんだなと思う。

けれども、場合によっては確実な摺合せが必要になるので、共通の常識を作らないといけない。共通の常識、認識と言うべきなのかわからないけど、とにかくそれをルールとして定めておかなければ、命の危険に関わる事だってある。

(例えばアレルギー問題もそういうことだと思う)

 

何度もブログページを開いて打ち込んでは消しを繰り返して、ためらった。

書きたいことはたくさんある。奇妙な冒険のページを開いてしまったのかと思うほど「目の前で起きていることの意味が理解できない」ことが連続であった。

使っている言語は同じなのだが、まったく噛み合わず、私がやめてほしいとお願いしたことに「承知しました」と言ったその口で、やめてほしいことをするし言うのだ。

具体的に言うと、「私はあなたに報告する義務があるから報告するが、他言してほしくない(業務的にする必要性もなかったので)のでお願いします」ということを

次の日には他言してほしくなかった人たちに他言しまくっていたのだ。

私がその場にいないことを理由に。

何かにつけて、そのような類のことが頻繁に起きるので、私はその人を信用をしていない。しかしそこが報告の窓口なので、ストレスがやばいです。

私は、その人が私をターゲットにして玩具にしてるのかと思い始めていたのですが、他の人からの情報によると、どうやら頭が悪すぎるということらしいです。(他でもやらかしてるという情報)

でもそんなのって、そんなのって、あんまりだなと思いました。

だったらその人が報告窓口の係りをやめてくれないと、杜王町から出られないじゃない…

 

下り道を駆け上がる

随分と水を吸い込んだコンクリート

今夜の気温の反射で眩しい

自分の息遣いがうるさいくらい響いていて

すれ違う人がスローモーション、そして滲んで見えた

自分の動悸が思考を邪魔して傘も風に奪われそうで

空回りそうになった自分の足に気づいて、一度止まって呼吸した

 

吸って、長く吐いて、吸って、長く吐いて

確実に、また走った

 

もう少しで私は発狂してしまう

私が私には届かないところへ行ってしまう

そんなことになっては会えなくなってしまう

冷静さを必要として、代わりに飲み込んだ感情は、ずっと戻ってこないかもしれない

そんなことはどうでもいい

他人のように自分を振る舞った夜に、信じたこと

まだ生きて行くということ

 

 

 

 

 

my backnumber to lock the door on the inside ジュニア辞書で精いっぱい作った後ろと前の文脈です。タイトルはこんなニュアンスで表したかったです。