backNumberlock

大人になってからアダルトチルドレンを知って、わかったことや気付いたことと、これからのこと。

友人(仮)はfacebookで繋がってるらしい

数年前から、携帯にご招待メールが届くようになった。

詳しく読んでいないので正しくはご招待ってわけではないのかもしれない。

私には悪質なメールにしか見えないのだけど、送信元に記載されてる名前から、どうやら私の友人らしい。

 

そのサービスが流行し出したころ、私は利用規約を読みに行って、実名で繋がるというルールだったため、すぐに興味を失った。そして忘れてた。

他のSNSの匿名性にメリットを感じてたので、私はそちらを利用していたけれど、それを友人たちに伝える気にはならなかった。

インターネット上で知り合った方たちとのツールであり、私生活で会える友人とはメールで十分なのです。

私が夜中に何を考えてるかとか、そんなものは友人たちに見せたくないわけです。

見るだけならまだしも、やいのやいの言われるなんて恐ろしいです、、、

HNを使わない実名登録者たちは、こちらがHNを使用していてもお構いなしで実名で呼んでくれたりした悲しい思い出があります。

それがどういうことなのか、わからないから。

それがどういうことか、説明するのも面倒くさいから。

もう教えないようにしています。

 

さてスマホに変えた友人(仮)

そして「メールアドレス変わりました」って一斉送信される。

BCC?使った?え?CCにしたの?え、あ、面倒くさいからTOは絶対使ってないよね。

受け取った一通のメールに知らない人のメールアドレス大量表示。

その列に私のアドレスも並んでる。

やめろまじで知ってたけど思ってたよりアバウトな人間だったコイツ迂闊、、!

  それよりもう、それもう携帯じゃなくてパソコンだから、そういうの、使い分けするもんだ、ってわかって使わないと、そのうち大変なトラブル起きるよ、、

でももういいや、、面倒くさい、、

友人(仮)によってバラまかれる私の個人情報。もういいや、、

よくねーーよ!泣きそう!

 

ていう出来事から数年が過ぎ、今は何とか平穏であります。

今でも時折、そのようなメールを受信することはありますが、見ないで削除しています。

  一度クラウドについて聞いてみたんだけど、意味わかんないしって言われて終わったから、私たちがこの時代を生きる上で、同じインターネットを使う前提で認識が違うというのは、私にとっては致命的。友人としていられないくらい致命的。

 私の口から伝えていない私の情報が、あなたのスマホに飛んでくのが耐えられないっていうことなんだけど、(その説明はちょっとしたけど、相変わらず意味わかんないで押し通された)わからないならもういい。

 

さよならだ。元友人。

 

 

 

my backnumber to lock the door on the inside ジュニア辞書で精いっぱい作った後ろと前の文脈です。タイトルはこんなニュアンスで表したかったです。