backNumberlock

大人になってからアダルトチルドレンを知って、わかったことや気付いたことと、これからのこと。

スピリチュアルな世界とマウスタワー

私はスピリチュアルな思想が嫌いです。

そして好きです。

これは自分の中のジレンマ。

今日は自分の考えを整理してみました。

 

嫌いな理由を思いつくだけ書き出し。

1 父親がスピリチュアル世界の住人だった(彼の愛読書はムー)

2 1によりスピリチュアルな思想を押し付けられ良い思いをしたことが一度もない

3 胡散臭い。

4 3はスピリチュアルが、というよりスピリチュアル精神を説きがちな人が

  胡散臭く、鬱陶しく感じるんだと気付く

5 根拠がない。

6 どの説を説くにも根拠はあるのだろうけど、私に関わった範囲で、説く人にその根 拠を示す知識や語録が無かった。ほぼ意味が分からない持論を展開される。

7 会話に特殊な語録がブチ込まれるため、面倒くさい。

8 特殊な語録の意味を聞くと、それってわざわざその言葉に変換しなきゃだめ?という心境になることが多かった。

9 求めてないアドバイスをしたがる。

10 みんな特別なんだよと言ったりする。(私は凡に埋もれていたい)

11 宗教を熱心に信仰している人と同じ匂いがする。

12 11により父親の「桃の写真を崇拝事件」を連想してしまう。

13 上記すべての上澄みをすっとまとめた時に、「スピリチュアルを心がけた生活をしていないお前(私)は損をしている。」「愚かで可哀想」「こちらにおいで」的な無言の圧力を感じる。これは被害妄想ではないと今でも思っている。

14 私の気持ちを和らげてくれるような思想はひとつもない

15 スピリチュアル関連で使われる画像、動画のクオリティやセンスにひいている

 

なるほど、、私はスピリチュアル精神世界のうんぬんを嫌いというより、それをテーマに纏わる、関係している物、人が嫌いなんだな。

 

好きな理由を書き出してみる。

1 人間の精神の有無や解釈に興味があるから

2 1の理由は、それを知ることにより日々を円滑に過ごせるようになるかもしれない から

3 時々、自分の存在を生身ではなく意識の存在として考えることがあるから

4 次元や空間を理解したいと思うから(脳が若い時に勉強すればよかった)

5 宇宙の事が気になるから(一番気になるのは一光年先の距離と感度)

6 細胞の事が好きだから(人間で言うと赤血球

7 磁場の影響に興味があるから

8 エネルギーの種類を知りたいと思うから

9 色がもたらす効果を知りたいから(それは統計的なものでよくて、それが自分に正しく効果しなくてもいい)

10 自分が何もできない時に素数を見つけると落ち着くから(素数メモがあるんだけど、これを機に素数ノートを作ろう)

11 スピリチュアルな世界は信じるものじゃなくて在るだけのものと思っているから

  (これは「好きな理由」ではないけど)

 

好きな理由がいまいち変な感じ。

でも今思いつく限りの、それぞれの理由を書き出してみて発見がありました。

「好きな理由」より「嫌いな理由」の方が多い!

だから嫌いという感情の方が先立ってしまうんだ。

すっきりしました。

 

大学に行ってみたいです。高卒です。高卒おばちゃんです。

いつかの記事に、「やりたいことみつけよう」と書いたんですが、やりたいことではないけど、知りたいことは見つかった気がします。

私はきっと、知識が欲しい。と思ってるんだ。

準備できて大学に行くとかより(交通費や体力の面で残念なので)通信制ってどうなんだろう、、。

 わ~ワクワクしてしてきた。

  

 

my backnumber to lock the door on the inside ジュニア辞書で精いっぱい作った後ろと前の文脈です。タイトルはこんなニュアンスで表したかったです。