backNumberlock

大人になってからアダルトチルドレンを知って、わかったことや気付いたことと、これからのこと。

I do not wish you die

死なないでほしい、と言いたいけど、私のお願いで生きるのは心もとないのではないかと思った。

たとえば、私がそういう感情に支配されている時、誰かのお願いで「はいわかりました」と思えるだろうか。誰かが悲しむからやめよう、という、自分以外の他人の気持ちや立場を重んじて感情を鎮めるだろうか。

それができているのなら、おそらく投薬はしていない。

感情と言ったけど、この生物的な本能を無視して発生する死への思いは、感情というものから、かなりかけ離れた場所にあるものなんだろうと考えている。単なる脳のバグ。仮に感情だとして、かけ離れすぎてぐるっと回って隣り合わせにもなる、生への思いでもある。エモい。

生きたいように生きれていない、でもその状態で生きなければならないジレンマが、プラスとマイナスの帳尻が合うように思考させる。

生きている以上死は隣にある。常に寄り添っている。近年、私たちはあまり死ななくなった。だからかもしれないけど、そんな時代に死なないように、生き抜くことにプレッシャーを感じている。僅かな自尊心が何かを削ったり救ったりしながら、生き抜こうと懸命だ。

もう少し、シンプルな時代だったらな、、と思うことはあるけど、それはそれで物騒だった世間も思い出されるので、今の時代の方が良いと思える。私はこの時代が好きだ。

私は、過去や未来に、親や学校や病気に、知り合った善人や悪人に、あちこちに思いを馳せて感情の正体を探す。生まれてしまった感情の元を摘みたいとでも言うのか、とにかくああだったらこうなのか、こうならああなるのか、言ったのか言われたのかとか、もしもやたらればを気の済むまで繰り返す。

いつもの時間に薬を飲む。いつもの時間に眠る(たぶん)。

いつも同じ時間に起きるように(目が覚める)なった。そして始まる、いつもの朝に「私はあなたが死ぬことを望んでない」と思う。

強く思ってる。

my backnumber to lock the door on the inside ジュニア辞書で精いっぱい作った後ろと前の文脈です。タイトルはこんなニュアンスで表したかったです。